合戦の日

特徴

  • ● 月別の計画と実績を対比し、計画とのズレを把握します。
  • ● 実際のずれの原因を探りつつ今後の売上・経費(損益)のアクションプランの見直しをすることで軌道修正が可能となります。
  • ● また、毎月の試算表をもとにその後の資金繰り予測も可能となりますので、回収・支払のアクションプランも明確になります。

戦況に応じて早めに手を打つことになぞって、「合戦の日」と命名されています。

毎月の繰り返しにより、利益の出る体質へ、資金繰りの回る体質へ改善が可能となるのです。

経営計画書サンプル

閲覧・印刷には、Adobe社のAcrobatReaderが必要です。
お持ちでない方はこちらから無料でダウンロードできます。