MAS監査サービス

経営計画の立案予実管理を中心としたMAS監査サービスにより、将来を見据えた経営上の、
"意思決定(先見経営)""リスク管理(先行管理)"が可能になります。

この先見経営・先行管理の仕組み・・・いわゆる、"Plan-Do-See"の経営サイクルの確立があなたの会社をよりよい会社にします。

経営サイクルをあなたの会社に構築するために、私たちはMAS監査サービスを提案します。

ベーシックサービス

 ① 中期計画 《将軍の日》

● 5年間の年別の数値計画(貸借・損益・C/F)をたてます。中期計画をたてることで目標やビジョンを構築します。

 ② 単年度計画 《軍議の日》

● 1年間の月別の数値計画(貸借・損益・C/F)をたてます。月別のアクションプランを実行化できる内容となっています。

 ③ 達成管理 《合戦の日》

● 単年度計画と実績の対比および直近の損益・資金予測を行います。アクションプランの見直しなど早めの意思決定が可能となります。

 ④ リスク分析

● 過去の決算診断を行い、企業の抱えている財務リスクを中心に課題の検討を行います。

オプショナルサービス

 ◎ タックスプラン

● 決算予測を行い、利益の妥当な配分のシミュレーションを行います。

 ◎ 自社株分析

● 決算時の株式の時価評価を行います。
あわせて事業承継を踏まえて相続税評価も可能です。

 ◎ シェアプラン分析

● 円滑な事業承継を行うために相続税のシミュレーションを行い、
納税資金繰りなどのリスクを把握します。

サービススケジュール

Plan Do See
1ヶ月目 経営計画発表会
2ヶ月目 ③ 達成管理、先行管理
(月次・四半期等)
3ヶ月目 ④ リスク分析
4ヶ月目
5ヶ月目 ◎ 自社株分析
6ヶ月目
7ヶ月目 ◎ シェアプラン
8ヶ月目
9ヶ月目
10ヶ月目 ◎ タックスプラン分析
/決算予測
11ヶ月目 ① 中期計画
12ヶ月目 ② 単年度計画

"先見経営・先行管理の仕組み"を確立するためには、
ベースとなる"経営計画"に社長の思い(自社の理念や目的)を込めることが最も重要となります。

まずは、中期経営計画 を作ることから始めましょう!