月次決算

■ 月次決算サービス

孫子曰く、「敵を知り己を知れば百戦危うからず」。健全な危機意識を保つためにも、月次決算内容の把握は遅くても翌月10日には把握したいものです。

■ 経理の自立支援サービス

「会計を重要視されている企業は黒字経営の割合が高い」統計があります。そして、会計を重要視されている企業は自社経理の内製化が標準となっています。3ヶ月を目安に経理の自立が可能です。

経営計画

■ MAS監査サービス

「現在は過去の意思決定の結果である」(P.F.ドラッカー)とすれば、現在の意思決定の良し悪しが自社の未来を決めています。

「私たちは企業は“正しく経営すれば、必ず成長発展する。そして、正しい経営とは“正しい経営計画”を作成し、実践することから始まる。”の仮説のもと、PDCAサイクルの導入と実践がこれからの時代を生き抜くために欠かせないと考えています。

リスクマネジメント

企業の経営リスクを最小にし、経営の安定化を図るのは経営者の務めです。

  • ①「財務リスク」
  • ②「信用リスク」
  • ③「経営経常リスク」
  • ④「純粋リスク」

の4つのリスクを分析し、計画的に回避していく必要があります。

M&A支援

後継者不在で自主廃業を強いられる企業が増えています。この問題は日本全体にとっても大きな問題です。

M&A支援サービスで、各関係者(譲渡企業のオーナー及び従業員、取引先、譲受け企業)がハッピーになるような友好的M&Aサービスを提供します。

(提携:株式会社 日本M&Aセンター)

こんなお悩みお持ちではないですか?

  • ◎ 先が見えない
  • ◎ 目標をなかなか達成できない
  • ◎ 資金繰りが厳しい
  • ◎ 社員を育てたい
  • ◎ 後継者がいない
  • ◎ もっと早く経営成績を把握したい

上記のお困り事の解決に、衆知を集めお応えいたします。

  • 過去の延長線上には未来がない時代です。現状分析をしっかり行って会社の問題点を明確にし、中期ビジョン(あるべき姿)を明確に描いて、全社のベクトルを合わせることが重要です。
    そのためのサポートをさせて頂きます。

  • ◎ 目標をなかなか達成できない

     単年度経営計画(軍議の日)
     目標管理(合戦の日)

    年度計画を月別行動計画に落とし込み、その達成管理(P-D-Cサイクル)を徹底することが必須です。
    そのための仕組みづくりを徹底サポートで御社の「あんしん経営」の実現をお手伝いさせて頂きます。

  • 企業経営は「利益・資金・自己資本」の3つのバランスが大切です。病気に罹っていれば(金欠病など)、対症療法(出血を止めるなど)が必要です。

    そのためのサポートをさせて頂きます。

  • ◎ 社員を育てたい

     目標管理(合戦の日)
    → 幹部社員向け中期経営計画(参謀の日)

    目標を設定し(P)、実行し(D)、結果の検証を行って(C)、次の目標にフィードバックして行く(A)。ノルマ管理ではなく、主体的な目標管理が社員を成長させます。そのためのサポートをさせて頂きます。

  • ◎ 後継者が居ない

    → 後継者育成塾
     M&A支援サービス

    後継者不在で自主廃業を強いられる企業が増えています。この問題は日本全体にとっても大きな問題です。
    後継者育成塾で、「自分が継ぎます」という使命感を持った後継者の育成をサポートさせて頂きます。

    M&A支援サービスで、各関係者がハッピーになる友好的M&Aサービスを提供します。

  • ◎ もっと早く経営成績を把握したい

    → 月次決算・自立支援サービス

    2ヶ月遅れの試算表では変化の激しい現在の経営環境を戦えません。自社経理の確立をされている企業の黒字割合を考えても、いまや自社経理での早期成績把握は欠かせません。

    「中小企業の会計に関する指針」に基づいた会計処理(中小企業会計指針の適用チェックリスト)と、トップリーダーが押さえておくべき内容をまとめたわかりやすい帳票をもとにした社長報告を提供しています。

    3ヶ月で立ち上げ可能な、自社経理支援サービス3点セット(初期指導・経理処理マニュアル・自計化指導)が早期の経営成績把握を可能にします。